スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコグッズの「湯たんぽ」に熱湯もれが・・・。

最近は、「湯たんぽ」が大流行である。
私もこのブームに乗って、エコをしている。
けっこう、温かいものである。
熱湯を湯たんぽに満タンに入れても、半日は持つものである。

002s_20090209161610.jpg

先日、この湯たんぽが一つ500円で売られていた。
思わず、これはいい!とすぐ飛びついて買って、さっそく家で
使っていたのだが、何と、どこかしら、熱湯が巻いていたタオルに
滲みていたのである。

まず、満タンの熱湯が入っているふたを開けてみた。

018s.jpg

そして、ふたを調べたが何もない。

023s.jpg

また、そのふたが接する部分も何もない。

020s.jpg

だが、気づいたのである。
このふたを閉じれば、多少の浮きが生じるのである。
熱湯で、土台の部分が伸びてしまったのか、わずかな浮きが見つかった。

007s.jpg

高温には大丈夫であると説明書きに書いてあるのに、熱湯が漏れているとは・・・。

036s.jpg

キャップのプラスチック、湯たんぽの赤のプラスチックとも、100度以上の熱湯は
あり得ないので、まあ、70度としても、素材は大丈夫だと思って使っていたのだが、
まさか、キャップの下の部分が、ちゃんとしまっていないとは・・・。

すこしでも押さえたり、斜めにしたら、熱湯が出てくる。

031s.jpg


子供達には、危険極まりない。よく、消費者センターに苦情が出ないものだ。
事件、事故につながらないものである。

業者さん、早く原因究明して、早々に手を打ってくださいよ。
本当にやけどの患者が出ても知りませんよ。

ちなみに、この業者さん、今年30万個を売って大繁盛だそうである。
売上に水をかけているのではなく、私もエコ精神は大賛成であるが、
危ない商品は早く原因究明し、公表し、そして回収するならすると
決断しないと。

企業さんの今後の姿勢を問いたいものである。






スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

阪急電車の親切は過剰か!?

阪急電車に乗った。宝塚線6007系で、電車としては、きれいな
電車である。夕方なのにすいていた。荷物を足下に置いて、
ゆっくりしていた。

そしたら、足もとに温かい温風が・・・。

fyg(4

おや、足元を温めてくれる~。親切~。
そして、うつらうつら・・・。

目が覚めたのが、ふくらはぎが熱いのである。
熱いというよりは、やけどをするぐらいの熱風なのである。

私は、下を覗き込んだ。

003s.jpg

私の足元に置いていた荷物も熱くなっていた。
もしこれが、食べるものであったなら、もちろん、すぐしなびて、
腐っていただろう。

この温度調整、何とかならないの?
この温度、余りにも異常ではない?
手をかざさなかったが、やけどするのでは?

このシートの下の温風ヒーターは、確かにありがたいけど、
こんなに熱くすれば、やけどしちゃいますが・・・。

電車から降りるときに、後ろの車掌さんに声をかけて言った。
「温度をもっと下げないと、そのうち、ヒーター燃えるよ。
それに、親切なのはいいが、やけどはいやだからね。
何とかならないの?」と。

思わず、誰もいなくなっていた、そのシートを振り返って見て
降車したのであった。

001s_20090207010507.jpg







テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

世直しピエロ

Author:世直しピエロ
このブログでは、本音で言わせてもらい
ます!!この世の中、どう考えても
おかしなことばかり。そう思いません?
そこで私は言わせてもらいます!!
何でそうなるんや!!

面白いリンク集
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Yahoo!ニュース・トピックス
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。