スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまやは楽市をただ同然で買ったのか!!

最近、私は知った。
この北摂でドミナント方式で、どんどん店舗数を増やしていったあの「楽市」さんは、
実は、2つの会社に分割されたのだ。

一つは、株式会社前田。もう一つは楽市株式会社。
ここ10年前から、このドミナント方式で、急成長していた大型酒販・食品小売卸業の
この「楽市」が今年の2月に倒産した。

負債は倒産したことで、チャラにしたようだが、道義的な責任は知らない。
しかし、分離した楽市株式会社は売上230億円もあり、負債は引き継がずに
上場会社「やまや」に何と、20億円で買収されたようである。

買収したのではなく、取られたような金額ではないか。
売上の何と1割で、買収金額が査定されたとは。
従業員、資産などを含めても、負債を引き継がないのなら、この金額は
あまりにも破格ではないか。

酒販の粗利益は、物によっては確かに巷で言われるほど、利益率は良くないが、
それでも、1割は十分ある。これなら、去年並みの売り上げが可能なら、
一年で買収金額を減価償却できるのではないか。

株式会社「やまや」は、この株式会社前田だけではなく、スピードという吹田にあった
酒販・食品会社も倒産より、今年吸収合併しているようだ。
もちろん、本体にいきなり吸収したのではなく、ワンクッション置いて、子会社で
連結にしたようであるが、本体が年商700億円ぐらいなのに、この楽市とスピードで
その年商の半分は十分売上がある企業である。

今、この2社の連結にすることによって、連結決算はどうなるか、巷ではすごい
のではないかと噂されているが、ただ、私が驚くのは、あの「楽市」が市場から
消え行き、宮城県の会社がこの北摂の酒販会社に名乗りを上げたのが
すごいと思うのである。

また、その金額がいくら倒産会社で、足元を見たからと言って、年商の一割の価値で
取ってしまったとは、あの「楽市」で働いていた人たちが、今になって哀れな感じが
するのである。私だけでしょうか。いくら、時代の流れと言っても、酷過ぎる経済の
弱肉強食を見たような気分であった。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

世直しピエロ

Author:世直しピエロ
このブログでは、本音で言わせてもらい
ます!!この世の中、どう考えても
おかしなことばかり。そう思いません?
そこで私は言わせてもらいます!!
何でそうなるんや!!

面白いリンク集
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Yahoo!ニュース・トピックス
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。